炭酸水ダイエット 効果 方法

最近太ってきたのでダイエットをと考えているのですが
炭酸水ダイエットが良いみたいな事を耳にしたのですが
実際どうなんでしょうか。

炭酸水を食前に飲むだけで効果が出やすいと評判で
方法はすごく簡単らしいです!

これから試してみたいので
やたら報告しますね!

ピーマンは唐辛子の仲間?カプシエイトという栄養素にはなんとダイエット効果が!!

ピーマン

じつはピーマンは唐辛子の仲間でカプサイシンを含まない
唐辛子の甘味種を改良して作られた品種ってしってました?

そのため昔は甘唐辛子、西洋唐辛子などとも呼ばれてた時期もあったのです。
そしてパプリカ、フルーツピーマンなどの種類があり、「ピーマン」として
一般的に売られている緑色のものは未熟なうちに収穫されたもので、
収穫しないで置いておくと赤やオレンジに色付くのです!

ピーマンの栄養と効果

カプシエイト

唐辛子の燃焼成分のカプサイシンが変化した成分で
カプサイシン同様に体温向上効果や体内脂肪を燃焼させて
エネルギー消費を促進するダイエット効果があります。
また燃焼系の健康食品などにも配合されている成分となります。

ピラジン

ピーマンに含まれる香り成分で、血小板が凝縮するのを抑え血液をサラサラにして
血栓や血液凝固を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞の予防として注目されています。

また、その他にも血液を流れやすくし血行促進効果があるので、
冷え性の改善に役立つ成分としても知られております。

ピーマンの効能

疲労回復に風邪の予防

ピーマンにはレモンの2倍とも言われるほどのビタミンCを始めとして、
細胞の働きを活性化してくれるビタミンA(β-カロテン)や
ビタミンB1、B2、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンPと豊富なビタミンを含み、
鉄やカルシウムなどのミネラルも豊富で、風邪予防としても効果的です。

美肌・アンチエイジング

ビタミンCにはシミやソバカスの原因となるメラニン色素を作る
シロチナーゼの働きを防ぐ美白効果や、
コラーゲン生成を助ける美肌効果があります。

そしてピーマンのビタミンCは熱に強いため加熱しても減少が少なく、
ビタミンCを安定させ吸収を高める働きを持ってるビタミンPも含んでおります。

抗酸化作用によってアンチエイジングに効果的なビタミンEやビタミンAも含んでおり
ビタミンD、ビタミンんEには血行を良くする効果がありますから、
血行促進により肌の新陳代謝を高めてくれる効果も期待できるのです。

ピーマンは総合的に美肌にアプローチをかけてくれる美肌野菜と言えるでしょう。

ピーマンのまとめ

抗酸化作用があってがんや老化を防ぐβ-カロテンやα-カロテンも
多く含まれているピーマンはビタミンEも豊富で、
細胞を活性酸素の害から守り、がん予防や老化防止に有効!

そしてビタミンCとビタミンEは一緒に摂取することで相乗効果を生むので、
ピーマンの抗酸化作用はトップクラスなんですよね!

でもピーマンってちょっとくせがありませんか?結構苦手な人も多いかと思いますが、
その場合はピーマンを丸ごと熱湯にサッと通すか、軽くあぶるかして、
表面の皮を取って調理するとクセが抑えられますので一度試してくださいね!

世界一栄養がない果実のきゅうり!食べても効果なし?実は栄養はあるんです!

きゅうり

かっぱの大好物のきゅうりですが、ギネスブックには何ときゅうりが
「世界一栄養がない果実」として堂々1位に挙げられているんです!
でもきゅうりにも実はちゃんと栄養はあるのですよね!
そんなきゅうりを今回は勉強していきたいと思います。

きゅうりの栄養と効果

βカロティン

淡色野菜ですが、表皮のグリーンには抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られています
βカロテンが含まれています。また、ビタミンAに変換され、
髪や視力、粘膜、皮膚の健康維持、そして、喉や肺など
呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

カリウム

塩分を排泄する役割があり、血圧を下げる効果に利尿作用、むくみの解消にも効果的です。

ホスホリパーゼ

2010年に発見されました脂肪分解酵素。体内の脂肪の分解・代謝向上効果があるとされ、
痩せやすい体質になることが期待できます。

また、ホスホリパーゼは擦りおろすことで放出されるため「きゅうりおろし」を
食べるダイエット法も提唱されています。

きゅうりの効能

むくみや便秘解消

きゅうりは95%以上が水分で、栄養素のカリウムは
むくみの解消や高血圧の改善効果があります

身体を冷やす働き

きゅうりは薬膳料理でも用いられておりますが、
身体を冷やす働きがあると言われております。
旬は暑い夏となり、熱くほてった身体を
冷ますのにきゅうりが役立つのです!

ダイエットに

きゅうりは1本(≒100g)あたり約15kcalと低カロリーとなります。
生のまま食べられ歯ごたえがあり、しっかりと噛むことで
満腹中枢の刺激にもなりますのでダイエット中の空腹感に
困っている方には大変お勧めの食材です。

美肌作りへ

きゅうりにはシリカ(ケイ素・珪素)というミネラルが含まれており、
髪や爪を強化し光沢を与える効果や関節を健やかに保つコラーゲンの生成を
助けシワのない弾力のある肌を作る効果があるとされ注目されています。

また、シリカはきゅうりの切り口から出る白くて苦味のある物質に多く含まれており
肌、爪、毛髪の老化防止や修復に役立ちます。

きゅうりのまとめ

いかがでしたか。ほかにもビタミンCを筆頭にビタミン類や
ミネラルを幅広く含有していますが
きゅうりを単品で食べることより、他の野菜と一緒に食べる等
サラダに加えて食すると栄養の不足分が補給できます。

そして、キュウリは美肌作りというよりは、
肌を整えたり、状態悪化の防止と考えて食べるのが良いかと思います。

肺ガンやすい臓ガンなど抑制する効果があるにんじん!名前の由来はβ(ベータ)カロチン!

にんじん

にんじんの栄養素といえばカロチンですが、英語名のキャロットは
カロチンに由来していることはしっていましたか!?

そして、にんじんの主な原産地はアフガニスタンあたりといわれおり、
日本で流通しているオレンジ色の西洋系にんじんのほかに、
中国経由で日本に入ってきた東洋系にんじんという種類もあるんですよね!

そして西洋系にんじんはヨーロッパで品種改良が行われたものが
明治時代に入ってきたことがきっかけで日本に定着したといわれているのです!

にんじんの栄養と効果

β(ベータ)カロチン

「にんじん」には肺ガンやすい臓ガンなど抑制する効果がある
β(ベータ)カロチンが多く含まれています。

抗酸化作用があり、動脈硬化や心筋梗塞の原因となる
活性酸素の働きを防いでくれる優れものなんですよね!

そして実はにんじんの皮にはカロチンがたくさん含まれているので、
料理する際にはできれば皮ごと食べるのが良いのです!

また、β(ベータ)カロチン同様に抗ガン作用がある
A(アルファ)カロチンも含まれているます!

ビタミンA

皮膚や粘膜を正常に保つ働きがあるビタミンAは肌の潤いを与え、
肌荒れ防止効果も期待出来るのですよね。

冬など肌のカサつきが気になる季節には
積極的に取りたい栄養素の一つです!

さらにビタミンAは目の角膜を元通りにすると言われておりますので
長時間パソコンを使う人や眼精疲労やドライアイの方にもオススメです。

カリウム

カリウムは体の外にナトリウムを出す働きがあり、
これによって血圧を下げる酵素が増えます。

このため、カリウムを取ると減塩効果も高まって
高血圧の予防・改善に役立ちます。

※腎臓が弱ると血中のカリウムが増える場合があり、
不整脈を起こす可能性がありますので
腎臓が悪い方はカリウムの摂取を控えたほうが無難です。

ちなみににんじんを水にさらしたり、
茹でることでカリウムの量を減らすことができます。

食物繊維

整腸作用があり、便秘解消に効果的ペクチンという食物繊維が
多く含まれおり、大腸ガンの予防にもつながります。

にんじんの効能

昔から「にんじん」は民間療法にも用いられているとおり、
個人差はもちろんありますが軽い症状なら
にんじんの効能で治すことが出来るのです!

咳(せき)・気管支炎に効果あり

咳が止まらないときは生の人参をすりおろして食べるか、
もしくは絞り汁をおちょこに1~2杯飲むと良いといわれております。

しもやけに効果あり

すりおろした汁を患部にすりこんでマッサージすると、
かゆみがとれ良いといわれております。

おねしょに効果あり

皮をキツネ色になるまで焼いて1本で
3回分を目安に食べると良いと言われています。
子供のおねしょで悩んでいるお母さんは
是非試してみて下さいね!

下痢に効果あり

「にんじん」をすりおろすか、
軟らかく煮て食べると良いと言われています!

繊維が豊富なので、逆効果だと思われるかもしれませんが
腸内環境を正常に整えるという意味では効果があるのですね!

にんじんのまとめ

にんじんは植物分類上はセリ科に属し、
パセリやセロリ、などに近い種類となります。

漢方薬などに用いられている
朝鮮人参や高麗人参と呼ばれているオタネニンジンは
セリ科ではなくウコギ科の植物で、
形状が似ているだけで別種のとなります!

カレーやシチュー、サラダなど幅広い料理に利用でき大変メジャーな食材です!
カロテンを多く含む為に、美肌野菜として美肌・美白効果、
乾燥肌の改善作用があるためにんじんを食事に
積極的に取り入れる女性も増えてきています!

男爵いもにメークイン!日本のじゃがいもで病気知らず!栄養効果を知れば納得しますよ!

じゃがいも

日本でじゃがいもといえば、「男爵いも」と「メークイン」が代表的ですが、
性質がずいぶん違う為、料理に合わせて使い分けるのがポイントです。

丸くゴツゴツした形をしている「男爵いも」は、粉質で
加熱するとホクホクした食感が楽しめるので、コロッケや
ポテトサラダなど、マッシュして使う料理によく合います。

「メークイン」は長い楕円形でつるんとしており、
きめの細かい粘質は加熱するとしっとりした食感で最適。
煮くずれしにくいので、ポトフなど、
煮込み料理に向いているんですよね!

じゃがいもの栄養と効果

ビタミンB1

疲労の原因物質「乳酸」の蓄積を抑、糖のエネルギー代謝を促進。
疲労を回復させる代表的なビタミンとなります。

ビタミンC

活性酸素の働きを抑制、シミやソバカスの原因となる
メラニンの生成を抑え美白へと導きます。

抗ストレス作用があり、ウィルスや細菌が
体内へ侵入防止、風邪を予防します!

ちなみにじゃがいものビタミンCは、主成分であるデンプンに
守られるので加熱による損失が少ないので
効率よく摂取できるという利点もあるんですよね!

カリウム

じゃがいもに含まれるカリウムの量は大変豊富に含まれています。
身体の中に溜まった余分な水分やナトリウムを排出する効果があり、
むくみの解消、高血圧の方に良いです。

われわれ日本人は比較的塩分を摂取する量が多いので、
じゃがいもは普段から食べておきたいものですよね!

ナイアシン

ナイアシンはビタミンB群の一種となります。血液の循環を良くし、
血行不良による冷え性や肩こりの改善に効果があります。

食物繊維

腸内環境を整える作用があり、便秘を解消します。なお食物繊維が
不足になりますと肌荒れや乾燥肌を引き起こす場合があるのですよね!

パントテン酸

疲労回復やイライラを防止することができます。
イライラはカルシウム不足ばかりではなく、パントテン酸不足でも起こります!

じゃがいものまとめ

じゃがいもに含まれるカリウムは、
どんな調理法を用いても破壊されることはありません!

糖尿病や心臓の働きの低下、不整脈はカリウムが不足することにより起こりますので
じゃがいもをスープ等にして積極的に食べてこういった病気を予防しましょう!

また、芋類の中でも珍しいアルカリ性の野菜で
アルカリ性の食べ物は血液や尿の酸化を防ぎます!

その結果、血中の尿酸増加を防ぐので、
痛風、壊血病、くる病などの予防にもなるんですよね!

そして、じゃがいもはご飯の半分しかエネルギー量がありません。
よって栄養が豊富でカロリーも低いじゃがいもは、
満腹感を味わえる上に太りづらいという効果があり、
ダイエットにもってこいの食材なのです!

ただし、じゃがいもの芽に含まれるソラニンという有毒物質がありますので
料理の際にはきちんと取って注意して下さいね!