もやしの栄養は発芽する事でパワーアップ!コストパフォーマンスが最高で美容と健康に効果大! 

もやし

一年中安定してリーズナブルで家計にも大変ありがたい野菜のもやし!
味も癖がなくていろんな料理に重宝しておりますが

こんなにもお値段が安いにもかかわらず栄養豊富で
大変ヘルシーなコストパフォーマンスに優れた野菜なんですよね!

ビタミンB1・ビタミンC・カリウム・食物繊維などが豊富、カロリーも
100gで約15kcalと非常にヘルシーで美容と健康に大変効果的な食材なのです。

もやしの特徴

もやしは豆類の一種でマメ科の種を水に浸して発芽させたものって皆さん知ってましたか?
豆類は栄養豊富なのはご存知かと思いますが、
発芽して成長していく過程でさらに栄養が倍増する優れものなのです!

例えば、ビタミンCなどは、種の時はほとんど含まれておりませんが
発芽することで約5倍まで増加します。

また、もやしは施設で生産されるので
天候などに左右されず、どんな季節でも手に入っていつでも安い
そして農薬や肥料が使われないので安心・安全なのです!

もやしの主な種類

一見おなじに見えるもやしですが実はわれわれが見かけるものには
大豆もやし・緑豆もやし・ブラックマッペの3種類あるのです!

大豆もやし

豆もやしとも呼ばれ、大豆を発芽させたものとなります
大きい豆が付いているので、太くて食べごたえのあるのが特徴です。

ナムルやビビンバに入っているのは
大豆もやしで有ることが多いですね。

アミノ酸が豊富で歯ごたえ抜群、旨味も多く感じる事ができ、
カリウム・食物繊維・ビタミンBが他のもやしと比べると豊富に入っております!

緑豆もやし

芯が太く豆部分が小さいのが特徴です。
水分を多く含んでおり、甘くシャキシャキとしており
比較的火が通りやすいため手早く調理するのがポイントですね。

ブラックマッペ

けつるあずきを発芽させたものとなり
頭が少し黒いもやしとなります!

現在もやし業界ではこのブラックマッペが安いため主流になっていて
緑豆もやしと比べると細く独特の青臭い感じが少ないです。

もやしの栄養と効果

ビタミンC

鉄分の吸収を促すしコレステロール下げ、動脈硬化などの予防になります。
肝臓の働きを助るなど免疫力を高め、風邪の予防になるのは有名ですよね!

ビタミンB2

皮膚や粘膜の健康を保ったり、脂質の代謝を促し、肥満の予防になるのです。
また、エネルギーを作る為に必要不可欠な成分で疲れによく効きます!

カリウム

ミネラルの一種でありますが
血圧を正常に調整し、生活習慣病の予防に効果があります。
またデトックス効果があり、むくみなどを予防するなどの重要な役割があります。

食物繊維

腸の働きを助けるなど便秘の改善に役立ちます。
また糖尿病の予防や大腸がんの予防などの効果が期待できます。

また、腸の調子が整うことで肌のトラブル解消といった美容効果も期待できます。

アスパラギン酸

疲労回復やスタミナを付け夏バテ解消になり、
アミノ酸の一種となります

カルシウム

骨や歯の強化・健康維持には欠かせない
ミネラル成分となります。

もやしのまとめ

本来もやしは農薬も肥料も使っていないため
生で食べれる食材なのですが非常に傷みやすいので、
我々が手にするスーパーで売られている
もやしの場合は必ず加熱して食べるようにしましょう!

ただし、あまり長時間加熱してしまうと
ビタミン・ミネラルが壊れて効果が半減してしまいますので
注意して下さいね!

また、水に付けておくことでシャキッと歯ごたえがするので
おすすめですが、水に付けすぎるとビタミンが流れでてしまうので
早めに取り出して調理することが大切なんですよね!