健康への第一歩はやっぱり納豆!効果絶大ですが食べ過ぎるとやばいかも…!

納豆

納豆にはカルシウムやビタミンなど体に必要な栄養素がバランス大変豊富に含まれており、昔から日本人の健康食として納豆が食べられてきました。そして何よりご飯にご飯との相性が抜群で冷蔵庫にストックしておきたい食材の一つではないでしょうか。

納豆の栄養と効果

ビタミンB郡の効果

納豆には豊富なビタミンB郡が含まれており、健康な皮膚や髪を作ったり、
体や目の疲労回復など、細胞の成長や再生の促進が期待できます
ビタミンB郡は多く摂取しても尿として排出される為、体に害がありません。

ナットウキナーゼの効果

血栓を予防し血液をサラサラにする効果があると言われている
ナットウキナーゼは納豆にだけ含まれている特別な栄養素です!

サラサラ効果で心筋梗塞や脳梗塞などを防ぎ、
免疫力もアップする働きがあります!

血栓の出来やすい時間帯は深夜〜早朝なので
寝る前に摂取すると効果的となります。

ポリアミンの効果

納豆にはポリアミンが含まれており新陳代謝や老化防止に効果があり、
細胞の再生には不可欠な成分となります。

また、若い時には体内でポリアミンは生成されますが、年齢とともに生成能力が落ちていきます。納豆を摂取する事でポリアミンの細胞再生能力により、肌のシミやそばかす、くすみ等を防ぐ効果があります。

イソフラボンの効果

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのバランスを保つ効果あり、
乳がんの予防や更年期障害、骨の病気の予防にもつながります。

カルシウムの効果

納豆には豊富なカルシウムが含まれており、骨を太く、健康に保つ効果があります。
本来カルシウムは吸収されづらい成分なのですが、納豆は豊富なタンパク質が
カルシウムの吸収を助けるといった大変優れた食品なのです!

食物繊維の効果

納豆には食物繊維が豊富に含まれおり、腸内を綺麗に保つ効果があります。
そして、腸内環境が良くなる事で、便秘の予防、肌の健康を保つ事となります。

納豆レシチンの効果

デトックス作用(体内に溜まった毒物を排出)がある納豆レシチンは
肌荒れを改善いニキビやシミなどを防ぐ効果が期待できます。

納豆のまとめ

健康を考え毎日食べるようにしている方も多いかとおもいますが
実は納豆の原料の大豆イソフラボンは女性ホルモンのバランスを崩し
子宮内膜増殖症など健康を損なうリスクが指摘されております。

どれくらいの量を食べるとまずいかといいますと、よく3個セットで
販売しているのが40グラムですが、3パック食べると食品安全委員会が
発表した上限の目安を超えてしまうのです。

よって一日摂取するのは2パックまでにしましょう!
どんな食材でも食べ過ぎは良くないってことですね!