にんにくの食べ過ぎは逆効果?!栄養効果はすごいけど、殺菌作用が強すぎる!

ニンニク

元気になる食材の代表格のにんにくですが、独特のにおいや味が好きで
ついつい食べ過ぎてしまうなんて人も結構多いのではないでしょうか。

にんにくの栄養効果は健康面に大変良いのですが
食べ過ぎると逆に良くない面も多く、口臭はもちろん
胃腸の荒れや下痢などが起こりますので、食べる時には
摂取量を気をつけなければならないんですよね!

にんにくの栄養

アリシン

ビタミンB1の吸収を高め疲労回復、菌を殺す力が強く、
風邪や気管支炎の予防になります。

また免疫力を高め、強い抗酸化作用でがんを予防します。
にんにくの独特の臭いはアリシンが原因なんですよね。

スコルジン

新陳代謝を活発にして、摂取した食品を充分に消化・吸収、
また血液をサラサラにして、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞の予防
血行を改善し、肩こりや冷え性の予防や疲労回復に効果があります!

にんにくの効果

サプリとして食べやすくして売ラレている位にんにくの栄養から
もたらされる効果はものすごいものがあるのですが

主な効果は冷え性、虚弱体質、便秘、風邪などの改善、
疲労回復にコレステロールを下げる、血行を良くする
脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化の予防などがあげられます。

にんにくの食べ過ぎは逆効果?

にんにく好きな方はパクパク食べてしまいがちですが
大人の場合は加熱したものなら1日3片位まで大丈夫ですが
生のにんにくの摂取可能量は1片となります!

しかしお子様の場合は大人の半分を目安にするのが良いでしょう。

ちなみに1片というのは、にんにく1玉をばらした小さい粒ですので
にんにく好きな方には物足りないかもしれませんね!

お腹が緩む

にんにくを食べ過ぎるとお腹が緩み下痢などの症状がでます。

にんにくは殺菌作用が強いので、腸内の悪玉菌を減らす効果があるのですが、
食べ過ぎてしまうと善玉菌まで減らすくらい殺菌作用が強いのです!
その結果、ご想像の通りお腹を下し下痢などの症状が出るのです!

しかし、ヨーグルトは善玉菌の摂取にもってこいですので
食べ過ぎたと思ったら、是非ヨーグルトを食べるようにしましょう!

胃腸が荒れる

にんにくを食べ過ぎると胃や腸を傷つけてしまいます。また、
適量でも空腹時に食べても同様に胃腸を傷つける可能性がありますので
他の食べ物と一緒に取る様にしましょう。

口臭

食べすぎると自分でもわかるくらい例のにおいがわかると思うのですが
この症状が1番の悩みのという方も多いかと思います!

臭い消しの効果ある食材はといいますと
梅干し、牛乳、リンゴやパセリ、そして
タンニンが含まれる緑茶・コーヒーなどが上げられます。

臭いのもとは歯磨きだけでは落ちませんので
歯だけでなく舌も磨く事で口臭が軽減致します!

汗をかいたり、水分を多めに補給して尿をだすなど、
代謝を早めてにんにくの成分を体の外に出すのも効果的です。

おならが臭い

この症状も身に覚えのある方は多いかと思いますが
にんにくを食べ過ぎるとおならが非常に臭くなります!

にんにくの食べ過ぎによりが善玉菌までも殺菌してしまい、
結果的に悪玉菌が増えるので腸内環境が悪くなり、
大変臭く強いガスが充満し、おならが臭くなるのです!

おならが臭い場合も、腸内環境を良くする為に
ヨーグルトを食べる事をおすすめします!。

血が止まらない!

にんにくは血液をさらさらにする効果があいますが
食べ過ぎますと、効果が強すぎて鼻血が出たり、
歯茎から血が出たり、止まりづらくなる事があります!

にんにくのまとめ

にんにくには大変すぐれたパワーがある反面食べ過ぎると逆効果になるなど
にんにくの食べ過ぎには注意しましょう!生の場合はより効果が大きいので
加熱すると効果が弱くなりますが、臭いも弱くなるので臭いを気にする方は
熱した方が食べやすいかもしれませんね!