栄養抜群のトマトを食べて病気知らず!老化防止に高血圧、がん予防など様々な効果あり!

トマト

老化防止に高血圧の予防、そして抗がん作用など
トマトにはさまざまな効能があります。

また、トマトは低カロリーでまるごと1個たべても
約40キロカロリーで、とってもヘルシーな食べ物なんですよね!

トマトの栄養と効果

リコピン

スイカやピンクグレープフルーツなどに含まれる赤色の色素で
自然に存在する色素(カロテノイドの一種)です。

カロテノイドは体内の活性酸素を消す抗酸化力が強く、
その中でもリコピンは特に強い抗酸化力を持っているのです。

それゆえにトマトは血糖値の安定や、動脈硬化予防にがん予防、
美白、ダイエットに効果があると言われます。

他にも悪玉コレステロールの酸化を防ぐなどの効果があるのと同時に
体内で不足しているビタミンAを補うパワーもあるんですよね。
その為、目の角膜や粘膜を保護する役割を担ってくれるのです!

β-カロテン

体内の活性酸素を抑える働きがあり、老化、動脈硬化防止、
がん予防等いろいろな病気に対して効果があります。
リコピン同様カロテノイドの一種で、強い抗酸化作用を持っています。

ビタミンC

抗酸化作用があり、体内でコラーゲンの生成を補う役割をしています。
皮膚や歯茎からの出血、または貧血等の症状が出る壊血病になるのを
防ぐ為に必要な栄養素です

ビタミンE

抗酸化作用により悪玉コレステロールによって引き起こされる動脈硬化や、
体内の細胞が酸化することで進行する老化などを防ぎます。

カリウム

体内機能の保持のために重要なミネラルの一種のカリウムは
心臓や筋肉の機能を調整する効果があります!

そしてカリウムを摂取することで体内にたまった塩分が排出され、
血圧を下げる効果があり、むくみの解消にいいんですよね!

ルチン

リコピンと同様、色素の一種ですが、リコピンと違って
フラボノイド(抗酸化作用を持つポリフェノール)の一種です。

ルチンには血流改善の効果があり代謝を良くします!
さらにビタミンCの効果を補う効果も持っている為
肌を健康に保ってくれるんですよね!

トマトのまとめ

リコピンの効能を得るには10~20mgを毎日摂るのが理想的なのですが、
その為にはトマトを毎日200g以上食べなければいけません!
しかも生で食べた場合、消化機能上、すべてのリコピンは吸収出来ないのです!
リコピン最大限にの吸収するには加熱するのが有効です!

そしてリコピンの吸収を助けるのは油となり、ビタミンEやポリフェノールと同じで、
脂溶性の栄養素は油と摂る方が人体に吸収されやすいのです!

さらに乳製品とトマトの相性はバツグンでチーズやヨーグルトなどの
乳製品と合わせると、リコピンの吸収率はグッと高くなります。

湯むきしたトマトとモッツァレラチーズ、オリーブ油も使って
最強メニューを作ってみてはいかがでしょうか。

トマトを食べて病気知らず!本当にすごいんですよね!

そんな優れたトマトですが、トマトを手軽に取り入れられるからといって
トマトジュースなどを飲む際に塩分の高めのものですと、
逆に高血圧を悪化させる場合がありますので、塩分は控えめなものにして下さいね!

にんにくの食べ過ぎは逆効果?!栄養効果はすごいけど、殺菌作用が強すぎる!

ニンニク

元気になる食材の代表格のにんにくですが、独特のにおいや味が好きで
ついつい食べ過ぎてしまうなんて人も結構多いのではないでしょうか。

にんにくの栄養効果は健康面に大変良いのですが
食べ過ぎると逆に良くない面も多く、口臭はもちろん
胃腸の荒れや下痢などが起こりますので、食べる時には
摂取量を気をつけなければならないんですよね!

にんにくの栄養

アリシン

ビタミンB1の吸収を高め疲労回復、菌を殺す力が強く、
風邪や気管支炎の予防になります。

また免疫力を高め、強い抗酸化作用でがんを予防します。
にんにくの独特の臭いはアリシンが原因なんですよね。

スコルジン

新陳代謝を活発にして、摂取した食品を充分に消化・吸収、
また血液をサラサラにして、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞の予防
血行を改善し、肩こりや冷え性の予防や疲労回復に効果があります!

にんにくの効果

サプリとして食べやすくして売ラレている位にんにくの栄養から
もたらされる効果はものすごいものがあるのですが

主な効果は冷え性、虚弱体質、便秘、風邪などの改善、
疲労回復にコレステロールを下げる、血行を良くする
脳梗塞・心筋梗塞・動脈硬化の予防などがあげられます。

にんにくの食べ過ぎは逆効果?

にんにく好きな方はパクパク食べてしまいがちですが
大人の場合は加熱したものなら1日3片位まで大丈夫ですが
生のにんにくの摂取可能量は1片となります!

しかしお子様の場合は大人の半分を目安にするのが良いでしょう。

ちなみに1片というのは、にんにく1玉をばらした小さい粒ですので
にんにく好きな方には物足りないかもしれませんね!

お腹が緩む

にんにくを食べ過ぎるとお腹が緩み下痢などの症状がでます。

にんにくは殺菌作用が強いので、腸内の悪玉菌を減らす効果があるのですが、
食べ過ぎてしまうと善玉菌まで減らすくらい殺菌作用が強いのです!
その結果、ご想像の通りお腹を下し下痢などの症状が出るのです!

しかし、ヨーグルトは善玉菌の摂取にもってこいですので
食べ過ぎたと思ったら、是非ヨーグルトを食べるようにしましょう!

胃腸が荒れる

にんにくを食べ過ぎると胃や腸を傷つけてしまいます。また、
適量でも空腹時に食べても同様に胃腸を傷つける可能性がありますので
他の食べ物と一緒に取る様にしましょう。

口臭

食べすぎると自分でもわかるくらい例のにおいがわかると思うのですが
この症状が1番の悩みのという方も多いかと思います!

臭い消しの効果ある食材はといいますと
梅干し、牛乳、リンゴやパセリ、そして
タンニンが含まれる緑茶・コーヒーなどが上げられます。

臭いのもとは歯磨きだけでは落ちませんので
歯だけでなく舌も磨く事で口臭が軽減致します!

汗をかいたり、水分を多めに補給して尿をだすなど、
代謝を早めてにんにくの成分を体の外に出すのも効果的です。

おならが臭い

この症状も身に覚えのある方は多いかと思いますが
にんにくを食べ過ぎるとおならが非常に臭くなります!

にんにくの食べ過ぎによりが善玉菌までも殺菌してしまい、
結果的に悪玉菌が増えるので腸内環境が悪くなり、
大変臭く強いガスが充満し、おならが臭くなるのです!

おならが臭い場合も、腸内環境を良くする為に
ヨーグルトを食べる事をおすすめします!。

血が止まらない!

にんにくは血液をさらさらにする効果があいますが
食べ過ぎますと、効果が強すぎて鼻血が出たり、
歯茎から血が出たり、止まりづらくなる事があります!

にんにくのまとめ

にんにくには大変すぐれたパワーがある反面食べ過ぎると逆効果になるなど
にんにくの食べ過ぎには注意しましょう!生の場合はより効果が大きいので
加熱すると効果が弱くなりますが、臭いも弱くなるので臭いを気にする方は
熱した方が食べやすいかもしれませんね!

オクラの栄養と効果!ネバネバ効果で疲労回復、夏バテ予防!納豆と一緒でパワー倍増!

オクラ

ネバネバした食べ物は体に良いといわれていますが、
その代表的なのが納豆かと思いますが、
納豆と同じく高い人気と実力を誇るオクラ!

疲労回復や夏バテ防止になり
オクラ納豆なんかにしたら最高なパワーですよね!

オクラの栄養

ペクチン

整腸作用で便秘の解消、コレステロールを外に出し、
血圧をさげての動脈硬化・高血圧を予防します。

消化・吸収の速度を抑えて急に血糖値が上がるのを防げ、
糖尿病の予防につながる水溶性の食物繊維です。

また中性脂肪を作るアミラーゼの働きを抑えるので肥満予防に効果があります。
オクラのぬめりの正体はこのペクチンとなります。

ムチン

胃の中の粘膜を保護して、胃の荒れ・調子を整え胃潰瘍などの予防にもなります。
細胞を活性化、老化の予防、またタンパク質の吸収を効率的にするので
夏バテ防止・疲労回復につながるタンパク質の一種となります。

さらに体内の器官の粘膜を守るので、風邪やインフルエンザなどの
感染症の予防にも力を発揮します。ムチンもオクラのぬめりの正体です。

βカロチン

髪の健康維持、視力維持や皮膚の健康維持などの効果があります。
オクラのβカロチンの含んでいる量はレタスの3倍となります!

他にもいろいろ

ナトリウムを排出して高血圧に効果があるカリウムや
イライラの解消、骨粗しょう症の予防、骨の健康、
形成に欠かせない成分のカルシウム、
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC等いろいろ豊富で
風邪の予防や健康維持、アンチエイジング等いい事いっぱいです!

オクラのまとめ

納豆同様に大変健康にいいオクラですが実は傷みやすいという欠点があるのです!
そしてあまり知られてないですがオクラは冷凍OKなんですよね!

保存期間の目安は1ヶ月程度です。
ただし、冷凍したオクラは生で食べるのは止めましょう!
冷凍するときの形状は、丸ごとでも刻んでからてもお好みで問題ありません。

また、納豆と組み合わせることで最強の疲労回復食品となりますので
疲れがたまっているときには是非試してみて下さいね!

パクチーの好き嫌い!栄養満点、デトックスに美容効果抜群!活性酸素を抑える優れた野菜!

パクチー

独特の香りからパクチーの好き嫌いがはっきりしており
苦手な人もかなり多いですが、好きな人はほんとに好きなんですよね!

実はくせもののパクチーですが栄養満点、デトックス効果に老化防止、
美容にも効果があるすごい香草なんです!

パクチーはセリ科の一年草なのですが、果実や葉を乾燥させ、
香辛料として使うものを「コリアンダー」と呼びます。

一方、タイ料理などのエスニック系に
生で入れる葉っぱの事をパクチーと呼んでおり
実は「コリアンダー」と「パクチー」は同じ植物なのです。

パクチーの効果

パクチーは栄養が豊富でビタミンA、B2、Cなどなど
健康・美容効果があるビタミン類が含まれており
デトックス効果とアンチエイジング効果が
パクチー特筆すべき効果です!

さらにあの独特の香りによって食欲増進や消化器官の
活性化などの効果があるといわれているのです!

デトックスによる美容効果

実は我々の何気ない生活の中で水銀や鉛などの重金属を
体のなかに貯めこんでいってしまっているのですが

体内に重金属がたまっていくと、血流が悪くなり、
ニキビなど肌やフケなどの頭皮のトラブルにつながっていきます。

パクチーには、そんな重金属をデトックス(体内の毒素を体外に排出する働き)
する作用が有ることがわかっています。

重金属をデトックスすることが出来るなんてすごいですよね!
そして肌や頭皮のトラブルが改善されるのです。

アンチエイジング効果

パクチーにはシミやしわ、動脈硬化にがんや糖尿病といった原因なになると言われています
活性酸素を体内に増えるの抑えてくれる効果があるのです!

そして年齢とともに活性酸素を防ぐ機能が低下していきますので
抗酸化作用(パワーは大豆の10倍)のあるパクチーは本当に優れた野菜なんですよね!

パクチーを摂取することで、
アンチエイジだけでなく健康維持の助けにも繋がるんですね。

パクチーの栄養

ビタミンA

目の角膜や粘膜の保護などに効果てきです。

ビタミンB2

疲れによく効き、皮膚や粘膜の健康を保つ効果があります。

ビタミンC

免疫力を高め風邪の予防や美肌効果があります。

ビタミンE

老化予防や生活習慣病の予防に。

カルシウム

骨や歯を丈夫に保つ効果もあります。

パクチーのまとめ

いかがでしたか。そんな優秀な野菜のパクチーですが
今まで嫌いだった方もこの機会に一度挑戦してみてはいかがでしょうか!

なお、食べ過ぎると腹痛や下痢、頭痛や気分が悪くなる
といった症状が出る場合もありますので注意してくださいね!

野菜の優等生のブロッコリー!栄養素は抜群でがん予防、美容やダイエットに効果発揮!

ブロッコリー

年中スーパーに並んでいるブロッコリー、
実は11月〜3月が旬はとなります。

見た目も食感もとっても独特なブロッコリーですが
風邪予防やがん予防美容やダイエットにも
効果を発揮するといわれており

ダイエット中の不足しがちな栄養を補給し肌・内蔵を健康に保て
満腹感も得やすい野菜なので食べ過ぎ防止にもなるのです!

そして味ももちろんおいしく、サラダやシチューなどなんにでも合い
料理の食材として使い勝手がよく大変優秀となります。

ブロッコリーの特徴

ビタミンやミネラルがとても豊富となりますが、
特に豊富なのが風邪予防やお肌を正常に保つなど、
様々な効果がある栄養素ビタミンCでレモンの約2倍となります!
またβカロテンを多く含んでいる緑黄色野菜のひとつでもあります。

通常よく食している部位は花蕾(からい)と呼ばれる場所ですが、
ブロッコリーの茎の部分にも豊富に栄養が含まれているんですよね!

ブロッコリーの栄養と効果

豊富なビタミンと豊富なミネラル

ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンC、ビタミンE
など非常に多くのビタミンを含んでいる野菜です。
特にビタミンCの含有量がすごく、アスパラガスの約10倍含まれています。

このことにより抗酸化作用に優れ、シミやそばかすの予防、
動脈硬化のリスクを下げるなどの効果が期待できるのです。

また、カリウム、鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛
といったミネラルもたくさん含まれています!

βカロテン

風邪の予防・免疫力のアップ免疫力の活性化が期待できます。
ブロッコリーは冬が旬なので風邪をひきやすい方にとっては
大変ありがたい野菜なんですよね。

葉酸

動脈硬化の予防。
ブロッコリーには、葉酸が豊富に含まれており
葉酸の吸収を高めるビタミンCも多く含まれています。

カリウム

ブロッコリーにはカリウムがふくまれており
高血圧や不整脈、むくみなどを予防し血圧を正常に保つ効果があります。
また、カルシウムやマグネシウムも豊富で
血圧を正常に保つ助けとなってくれます。

カルシウムとビタミンk

骨の成長にも欠かせない栄養素で骨を健康に保ち、
骨粗しょう症などの骨の病気を防ぐ効果があります。

グルコラファニン

胃がんのリスクが高まる菌(ピロリ菌)などを
取り除く効果があり胃がんのリスクを下げる事が期待出来ます。

食物繊維

便秘の解消や、消化機能の正常化などの効果があり
ダイエットや美容に効果を発揮します。

ブロッコリーのまとめ

このように良い事づくしのブロッコリーですが
少し困った一面も持ち合わせているんですよね!

それは、ブロッコリーに含まれているコリンという成分が
体臭の元となる成分を発生させるため
実はブロッコリーを食べ過ぎると体臭が臭くなると言われています。

そしてブロッコリーを生で食べ過ぎると胃腸に負担がかかり、
栄養素の吸収率が悪くなってしまう事もあり

さらに、ブロッコリーに含まれるゴイトロゲンには
甲状腺機能低下症を引き起こす可能性があるのです!

どんな食べ物にもいえる事ですが
は食べ過ぎには十分気をつけて下さいね!