ピーマンは唐辛子の仲間?カプシエイトという栄養素にはなんとダイエット効果が!!

ピーマン

じつはピーマンは唐辛子の仲間でカプサイシンを含まない
唐辛子の甘味種を改良して作られた品種ってしってました?

そのため昔は甘唐辛子、西洋唐辛子などとも呼ばれてた時期もあったのです。
そしてパプリカ、フルーツピーマンなどの種類があり、「ピーマン」として
一般的に売られている緑色のものは未熟なうちに収穫されたもので、
収穫しないで置いておくと赤やオレンジに色付くのです!

ピーマンの栄養と効果

カプシエイト

唐辛子の燃焼成分のカプサイシンが変化した成分で
カプサイシン同様に体温向上効果や体内脂肪を燃焼させて
エネルギー消費を促進するダイエット効果があります。
また燃焼系の健康食品などにも配合されている成分となります。

ピラジン

ピーマンに含まれる香り成分で、血小板が凝縮するのを抑え血液をサラサラにして
血栓や血液凝固を防ぎ、脳梗塞や心筋梗塞の予防として注目されています。

また、その他にも血液を流れやすくし血行促進効果があるので、
冷え性の改善に役立つ成分としても知られております。

ピーマンの効能

疲労回復に風邪の予防

ピーマンにはレモンの2倍とも言われるほどのビタミンCを始めとして、
細胞の働きを活性化してくれるビタミンA(β-カロテン)や
ビタミンB1、B2、ビタミンE、ビタミンD、ビタミンPと豊富なビタミンを含み、
鉄やカルシウムなどのミネラルも豊富で、風邪予防としても効果的です。

美肌・アンチエイジング

ビタミンCにはシミやソバカスの原因となるメラニン色素を作る
シロチナーゼの働きを防ぐ美白効果や、
コラーゲン生成を助ける美肌効果があります。

そしてピーマンのビタミンCは熱に強いため加熱しても減少が少なく、
ビタミンCを安定させ吸収を高める働きを持ってるビタミンPも含んでおります。

抗酸化作用によってアンチエイジングに効果的なビタミンEやビタミンAも含んでおり
ビタミンD、ビタミンんEには血行を良くする効果がありますから、
血行促進により肌の新陳代謝を高めてくれる効果も期待できるのです。

ピーマンは総合的に美肌にアプローチをかけてくれる美肌野菜と言えるでしょう。

ピーマンのまとめ

抗酸化作用があってがんや老化を防ぐβ-カロテンやα-カロテンも
多く含まれているピーマンはビタミンEも豊富で、
細胞を活性酸素の害から守り、がん予防や老化防止に有効!

そしてビタミンCとビタミンEは一緒に摂取することで相乗効果を生むので、
ピーマンの抗酸化作用はトップクラスなんですよね!

でもピーマンってちょっとくせがありませんか?結構苦手な人も多いかと思いますが、
その場合はピーマンを丸ごと熱湯にサッと通すか、軽くあぶるかして、
表面の皮を取って調理するとクセが抑えられますので一度試してくださいね!

野菜の優等生のブロッコリー!栄養素は抜群でがん予防、美容やダイエットに効果発揮!

ブロッコリー

年中スーパーに並んでいるブロッコリー、
実は11月〜3月が旬はとなります。

見た目も食感もとっても独特なブロッコリーですが
風邪予防やがん予防美容やダイエットにも
効果を発揮するといわれており

ダイエット中の不足しがちな栄養を補給し肌・内蔵を健康に保て
満腹感も得やすい野菜なので食べ過ぎ防止にもなるのです!

そして味ももちろんおいしく、サラダやシチューなどなんにでも合い
料理の食材として使い勝手がよく大変優秀となります。

ブロッコリーの特徴

ビタミンやミネラルがとても豊富となりますが、
特に豊富なのが風邪予防やお肌を正常に保つなど、
様々な効果がある栄養素ビタミンCでレモンの約2倍となります!
またβカロテンを多く含んでいる緑黄色野菜のひとつでもあります。

通常よく食している部位は花蕾(からい)と呼ばれる場所ですが、
ブロッコリーの茎の部分にも豊富に栄養が含まれているんですよね!

ブロッコリーの栄養と効果

豊富なビタミンと豊富なミネラル

ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンC、ビタミンE
など非常に多くのビタミンを含んでいる野菜です。
特にビタミンCの含有量がすごく、アスパラガスの約10倍含まれています。

このことにより抗酸化作用に優れ、シミやそばかすの予防、
動脈硬化のリスクを下げるなどの効果が期待できるのです。

また、カリウム、鉄分、カルシウム、マグネシウム、亜鉛
といったミネラルもたくさん含まれています!

βカロテン

風邪の予防・免疫力のアップ免疫力の活性化が期待できます。
ブロッコリーは冬が旬なので風邪をひきやすい方にとっては
大変ありがたい野菜なんですよね。

葉酸

動脈硬化の予防。
ブロッコリーには、葉酸が豊富に含まれており
葉酸の吸収を高めるビタミンCも多く含まれています。

カリウム

ブロッコリーにはカリウムがふくまれており
高血圧や不整脈、むくみなどを予防し血圧を正常に保つ効果があります。
また、カルシウムやマグネシウムも豊富で
血圧を正常に保つ助けとなってくれます。

カルシウムとビタミンk

骨の成長にも欠かせない栄養素で骨を健康に保ち、
骨粗しょう症などの骨の病気を防ぐ効果があります。

グルコラファニン

胃がんのリスクが高まる菌(ピロリ菌)などを
取り除く効果があり胃がんのリスクを下げる事が期待出来ます。

食物繊維

便秘の解消や、消化機能の正常化などの効果があり
ダイエットや美容に効果を発揮します。

ブロッコリーのまとめ

このように良い事づくしのブロッコリーですが
少し困った一面も持ち合わせているんですよね!

それは、ブロッコリーに含まれているコリンという成分が
体臭の元となる成分を発生させるため
実はブロッコリーを食べ過ぎると体臭が臭くなると言われています。

そしてブロッコリーを生で食べ過ぎると胃腸に負担がかかり、
栄養素の吸収率が悪くなってしまう事もあり

さらに、ブロッコリーに含まれるゴイトロゲンには
甲状腺機能低下症を引き起こす可能性があるのです!

どんな食べ物にもいえる事ですが
は食べ過ぎには十分気をつけて下さいね!

 

玉ねぎパワーで血液サラサラ!美容と健康に効果がある栄養素に免疫力UP!とても優れた野菜です!

玉ねぎ

味にひとくせある玉ねぎですが、血液をサラサラにしたり、
脂肪を燃焼しやすくする等、健康やダイエットに効果がありとても優れてた野菜です。
今回はそても優れた野菜の玉ねぎをいろいろとご紹介したいと思います!

玉ねぎの栄養と効果

ケルセチン

抗酸化作用強く、悪玉コレステロールを減らす効果があります。
また、血流をよくする働きがあり、脂肪を燃焼させるので、
肥満防止に効果があります。

硫化アリル

ビタミンB1の吸収を促して、血栓を溶かして血液をサラサラにします。
硫化アリルはビタミンB1の吸収を促進する作用があり、ビタミンB1不足による
疲労感やイライラ、不眠などを予防します!

さらに疲労回復や血液がサラサラになることで
なんと加齢臭の予防にもつながるのです!
実は玉ねぎを刻みますと目が痛くなるのは硫化アリルが原因なんですよね!

オリゴ糖・各種ミネラル・イソアリイン

整腸作用や免疫力アップ、血栓を出来にくくするなど
動脈硬化を予防する効果があります。

玉ねぎの美容・健康に対する効果

美容効果

玉ねぎは肥満の防止やダイエットに大変有効で、
体温を上げたり、発汗作用、中性脂肪を燃やすなどの効果があります!

また、抗酸化作用があるので体内の活性酸素(サビ)を防ぐことができ、
アンチエイジングやお肌の細胞の調子を整える効果があるのです。

健康効果

玉ねぎには、血管系の病気である高血圧、動脈硬化、脳梗塞などの予防に有効です。
血栓を溶かし血行を良くし、悪玉コレステロールを減らして
善玉コレステロールを増やす効果があります。

玉ねぎの辛くない食べ方

そんな優れた効果がある玉ねぎですが味にくせがあるので、
なかなか食べずらく、なんといっても生で食べると辛いのが苦手
という方が圧倒的に多いのではないでしょうか。

そんな方は玉ねぎを水につける様にしましょう!辛さが抑えられます!しかし玉ねぎの栄養成分は水に溶けやすいので
長時間水に付けていると栄養が流れ出てしまうので2、3分を目安にして下さいね!

そして玉ねぎの成分は熱に強いのですが、加熱することで胃の粘膜の保護・胃潰瘍や胃炎の改善などに効果があるメルカプタンという成分が生成されるので炒めものなどにしても大変効果があるのです。

玉ねぎのまとめ

いかがでしたか。本当に玉ねぎってすごいパワーの持ち主なんですよね!
でも体臭やおならが臭くなるので食べ過ぎには注意してくださいね!

また、生で食べ過ぎると玉ねぎに含まれている
殺菌作用が強い成分(アリシン)が含まれていますので
刺激が強すぎて胃が傷ついてしまう場合もあるので、
加熱して食べるといいんですよ!